• ホーム
  • クラミジア治療には抗生物質であるジスロマックが効果的

クラミジア治療には抗生物質であるジスロマックが効果的

2019年09月02日
ウィルス

アジスロマイシンを含むジスロマックは、現在では細菌系の病気やまた予防として用いられているものです。事前に服用することで細菌を原因とする病気を予防したり、手術後に服用することで化膿のリスクを減らすことが出来ます。また細菌系の病気としてよく用いられるのがクラミジアへの治療です。クラミジアといっても、細菌にはいくつかの種類があり一般的によく知られているものはクラミジア・トラコマティスというタイプになります。細菌の感染にはいくつかのルートがありますが、基本的な濃厚な接触がある必要があるものです。このためクラミジアの感染ルートとしては性行為によって引き起こされるものが多く、クラミジアといえば性病のひとつになります。もちろん性行為による接触がなくても感染するリスクはあるものです。またクラミジアの症状そのものは、それほど強く出ないこともありますが、感染しているとHIVなどの他の病気への感染率が高まる傾向にあり、はやめの治療が重要です。クラミジアの症状としては女性の場合には、おりものが増えたり、黄色い濃いおりものの発生、軽い生理痛のような痛み、また出血などがあります。男性は尿道のかゆみや痛みといったもので副睾丸の圧痛や痛みを感じますが、症状としては軽いものがほとんどで、それがクラミジアであるとわからないまま過ごす人も多く居ます。しかし、治療せずに放置すると女性では子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎や骨盤腹膜炎など感染分周辺に炎症が現れ、最悪の場合には流産や早産、それに不妊の原因になるものです。男性の場合も同様で精巣上体炎などを起こすようになって精子が正常に作れなくなり不妊の原因になります。一方でウイルス系の性病とは異なり細菌性のものは抗生物質を使うことで完治させることができ、この際に用いられるのが抗生物質のひとつがジスロマック(アジスロマイシン)です。クラミジアは感染をしてもすぐに発症するものではなく潜伏期間があります。潜伏期間は1週間から3週間で症状が現れても気にならない程度の症状しか出ない場合もあるものです。治療そのものはあらゆる病気に言えることですが、早期発見早期治療が効果的で、ジスロマックも同様です。ジスロマックは通販でも購入できるので、事前に入手しておくことでクラミジアに感染しても直ぐに治療を開始することができます。ジスロマックを使った場合には通常、完治させるまでには約1ヶ月程度になりますが、症状が軽ければ1回の服用で完治することもあるものです。また性病そのものの治療の他にも予防手段として用いられることもあります。