• ホーム
  • トリコモナスの治療にはフラジールが効果的です

トリコモナスの治療にはフラジールが効果的です

2019年10月21日

性病にはさまざまな種類がありますが、トリコモナスもそのひとつです。トリコモナスは比較的ポピュラーな性感染症のひとつですが、とくに男女ともに自覚症状がないもので、潜伏期間も長く症状が現れてから、その感染に気づくということが多くなります。しかし、他の性病同様に治療をしておかなければ、他の人に移す可能性がありますし、また大きな病気の原因にもなります。トリコモナスそのものは原生生物であり、いわゆる寄生虫のひとつです。トリコモナスそのものはさまざまな場所に生息していますが、特に人間の場合には大腸に感染するものや女性の膣内で生息するものがいます。潜伏期間そのものは10日程度ですが症状がそれほど強く出るわけではなく、特に男性の感染者の場合には無症状のケースが多い傾向にあります。症状としては性器周辺で起こるもので炎症を起こし、女性の場合には悪臭やおりものの増加、排尿時の不快感などのほか下腹部の痛みといったものがあります。トリコモナス自身は乾燥に弱い生物であるため症状が起こるのは湿気がある場所であり、女性では膣、男女ともには尿道での症状となります。なお、原生生物ですから細菌などとは大きく異なり、男性の場合では尿道にいると排尿時に排除されてしまうケースもあるものです。感染経路そのものは性行為によるものが中心ですが、それ以外にも下着やタオル、便座や風呂をまたぐ時や出産時に母子感染するといったこともあります。共同浴場でも感染するリスクがあるため性病のひとつとはいっても、必ずしも性行為で感染するものではありません。トリコモナスの治療は、メトロニダゾールなどの抗原虫薬を用いて行われます。メトロニダゾールはフラジールの名称で販売されており、内服薬と膣剤があり女性への治療ではその両方を用いて行います。メトロニダゾールを含むフラジールそのものは、もともとはトリコモナスの治療薬として開発されたものでしたが、トリコモナス以外にも様々な微生物への殺作用が確認されており、それらを原因とする病気の治療にも用いられているようになっているものです。メトロニダゾールを含んだフラジールを用いた治療期間は、トリコモナスでの治療は内服薬で、1日2回10日間を使用し、女性の場合には膣錠を併用して行います。日本では処方箋薬となっているため病院やクリニックを診察した上で購入することになりますが、個人輸入代行でもフラジールを手に入れることは可能です。